古市憲寿

古市憲寿

古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、日本の作家、評論家。2016年現在、東京大学大学院博士後期課程在籍の大学院生でもある。現代日本の若者をテーマにした著作を発表している。朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員。日本学術振興会育志賞受賞。東京都出身。 2003年(平成15年)、埼玉県立越谷北高等学校を卒業、慶應義塾大学環境情報学部に入学(AO入試)。 2005年(平成17年)から2006年(平成18年)まで、ノルウェーのオスロ大学に交換留学。 2007年(平成19年)、慶應義塾大学環境情報学部を卒業、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程に入学。同コース修了。 現在、同博士課程に在籍中。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席) 2012年(平成24年)、野田内閣の内閣府国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員 2013年(平成25年)、安倍内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員 2013年(平成25年) 内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー 2014年(平成26年) 内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー 2015年(平成27年)伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員 主張 代表作『絶望の国の幸福な若者たち』で、世代間格差や就職難に苦しむ若者たちの生活満足度や幸福度が実は高いことを指摘した。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!