小平奈緒

小平奈緒

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。バンクーバーオリンピック女子団体パシュート銀メダリスト。信州大学教育学部卒業。相澤病院所属。 新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。 2001年(中学2年時)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合を破り、史上初の中学生王者に輝く。 伊那西高等学校ではインターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。 高校卒業後に富士急行と三協精機から勧誘されたが、教員になる夢を捨てず、清水宏保を育てた結城匡啓監督がいる信州大学教育学部へ進学。1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。 2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。 4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!