志穂美悦子

志穂美悦子

志穂美 悦子(しほみ えつこ、1955年10月29日 - )は、日本の女優・歌手・フラワーアーティスト。 海外ではSue Shiomi の名で知られ、日本で初めて女優自らスタント・擬斗を演じ、1970年代から1980年代にかけて活躍した。ジャパンアクションクラブ (JAC ) が初めて輩出した女優でもある。愛称は悦っちゃん。岡山県西大寺市(現・岡山市東区)出身。 本名は長渕 悦子(ながぶち えつこ)。旧姓は塩見(しおみ)。 来歴・人物 生い立ち 父親が大蔵省造幣局に勤務する家庭に長女として生まれた。弟が一人いる。岡山市立西大寺中学校から1971年、岡山県立西大寺高等学校へ進学。子供のころから運動が得意で、中学・高校と陸上部に所属。中学時代には80メートル・ハードルで、13秒4という岡山県歴代2位の記録を残す。1968年から放映されていたテレビドラマ『キイハンター』を観て以来、千葉真一の熱狂的ファンとなり、感化された志穂美は高校生の時にスタント・パーソンになりたい夢を抱く。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!