林遣都

林遣都

林 遣都(はやし けんと、1990年12月6日 - )は、日本の俳優。滋賀県大津市出身。比叡山高等学校卒業。 スターダストプロモーション所属。 2005年、中学3年生の修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入り。2007年に映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品での演技が評価され日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞する。翌年からは、『ちーちゃんは悠久の向こう』、『DIVE!!』、『ラブファイト』と主演映画が続いた。2009年、地元・滋賀県内の高校を卒業し上京。『小公女セイラ』(TBS)で連続ドラマ初出演。2011年、『コヨーテ、海へ』(WOWOW)でテレビドラマ初主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS・TBS)で連続ドラマ初主演。 人物・エピソード 趣味はギター、特技は書道と野球。 「遣都」の由来は、「大きな都市(都)に出て大きなことを成し遂げる」という両親の願いが込められている。 兄弟は兄1人、妹1人の3人兄弟。しかし、『荒川アンダー ザ ブリッジ』で主演が決まった際、原作のファンだった妹に「自分の兄が主役を演じる事が出来るのだろうか」と落胆されたという。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!