武豊

武豊

武 豊 (たけ ゆたか、1969年(昭和44年)3月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。 曽祖父の彦七は函館大経の弟子で、祖父芳彦は馬主協会元会長、現役騎手邦彦、の三男として生まれる京都府で生まれるものの、すぐ現在の栗東市へ引っ越す。なお、四男の幸四郎も騎手である。10歳の時乗馬を始める。栗東市立金勝小学校・栗東市立栗東中学校を経て1984年(昭和59年)JRA競馬学校入学。 1987年(昭和62年)3月1日、アグネスディクターに騎乗し、騎手デビューを果たす。同3月7日、ダイナビショップで初勝利。1988年(昭和63年)菊花賞をスーパークリークで制しG1初勝利。 2010年 (平成22年) 4月12日に日本騎手クラブの東西役員総会で柴田善臣の後任として会長に選出、同年9月に会長へ就任した。 ダービージョッキーとして 日本競馬界において頂点の競走として位置付けられている東京優駿(日本ダービー)では5勝を挙げており、歴代最多。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!