田中刑事

田中刑事

田中 刑事(たなか けいじ、ラテン文字: Keiji Tanaka、1994年11月22日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権2位。 1994年、岡山県倉敷市にて、日本人の父と台湾人の母のもとに生まれる。正義感の強い子に育ってほしいとの思いから「刑事」と名付けられる。倉敷市立連島中学校・岡山理科大学附属高等学校(健康・スポーツコース)卒業、倉敷芸術科学大学在学中。 尊敬するフィギュアスケート選手は、同じ倉敷市出身の髙橋大輔や、幼い頃から同じ試合に出ていた町田樹。同学年の羽生結弦、日野龍樹に対してはライバル意識を持っていると述べている。 2001年、7歳の時にフィギュアスケートを始める。母親に自宅近くにあるウェルサンピア倉敷(現ヘルスピア倉敷)のスケートリンクに連れて行ってもらったことがきっかけだった。小学3年生頃より林祐輔コーチの指導を受けており、現在も週末は大阪に通っている。 2004年から2007年まで全日本フィギュアスケートノービス選手権に出場したが、ライバルの羽生結弦、日野龍樹がそれぞれ2度優勝しているのに対し、田中は2位止まりであった。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!