綾瀬はるか

綾瀬はるか

綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、日本の女優、歌手。広島県広島市出身。ホリプロ所属。 広島県立祇園北高等学校から堀越高等学校に転校しており帝京大学短期大学を中退。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。 2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。 2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインに抜擢される。 2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル「ピリオド」で歌手デビュー。オリコンチャート初登場8位を記録。 2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。2011年にパート2が放送、2012年に映画版が公開されるほどのヒット作となる。 2013年、『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演。第64回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務める。 2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にエントリーされるが、受賞には至らなかった。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!