長洲未来

長洲未来

長洲 未来(ながす みらい、英語: Mirai Aileen Nagasu, 1993年4月16日 - )は、アメリカカリフォルニア州モンテベロ出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。 2010年バンクーバーオリンピック4位、2016年四大陸選手権2位、2011年四大陸選手権3位、2008年全米選手権優勝、2007年世界ジュニア選手権2位、2007年JGPファイナル優勝。 ロサンゼルスで寿司店を営む、日本出身の両親のもとに生まれる。 元々は両親とゴルフを習っていたが、5歳の頃に悪天候の日に代わりに近所のスケートリンクに遊びに行ったことがきっかけで初めてスケートをする。2007年に全米選手権ジュニアクラスで優勝するまで資金不足で、同選手権に参加するために所属クラブがエキシビション大会を開いて長洲の渡航費を稼ぐ。優勝後、日本スケート連盟が長洲に日本への移籍を打診する。 日本語は話せるが、読み書き(特に漢字)は苦手。今後も、米国代表として出場する意向を示している。好きなフィギュアスケート選手名として浅田真央、金妍兒、ミシェル・クワンを挙げると同時に、全てのスケート選手になんらかの好きな点があると述べている。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!