高木美帆

高木美帆

高木 美帆(たかぎ みほ、1994年5月22日 - )は、日本のスピードスケート選手。幕別町立札内中学校、北海道帯広南商業高等学校卒、日本体育大学在学。主に1500mを得意とする。また、500mから3000mまでのオールラウンダーでもある。 姉はソチオリンピックスピードスケート日本代表選手の高木菜那。 両親と兄・姉の5人家族で、兄・姉もスピードスケート選手である。兄や姉の影響で5歳からスケートを始める。 7歳からはサッカーにも打ち込み、中学では男子に混じりフォワードでレギュラーを獲得。北海道選抜としてJヴィレッジでのナショナルトレセン女子U-15合宿にも参加した。 2009年1月の全日本ジュニアスピードスケート選手権で総合優勝。2月にポーランド・ザコパネで開催された世界ジュニア選手権で総合4位。同月にオランダ・フローニンゲンで開催されたジュニアワールドカップ500m、1000m優勝。2×500m合計タイム80秒61は中学新記録。 2009年12月に長野・エムウェーブで開催されたバンクーバー五輪代表選考会で1500mを1分59秒47の中学新記録で優勝。

Sponsored Link

関連Webサイト

pico~ ©もんじろうキーワード!